スマホ 充電器

同僚の使っている充電器は、中華製です。
持ち運びに便利で購入したと言ってました。ですが、中華製のスマホ充電器の中には、すごい粗悪品があり、高熱を持ったり爆発したりするものもあります。

同僚の買ったスマホ充電器は、なんと粗悪品(汗)すごい高熱で低温やけどするくらいでした。
同僚のほとんどがスマホ 充電器を持ち運びしてます。仕事が運送関係なので、スマホ 充電器とブルートゥースのイヤーフォンを持ち運びしてます。

私の使っているのは、Anker PowerCore 10000 (10000mAh 最小最軽量 大容量 モバイルバッテリー) iPhone&Android対応で、スマホ用にアマゾンで2300円で購入しました。
以前使っていたスマホ充電器は5000mAでしたが、大きさはそれより少し大きいだけで、充電時間も5時間くらいで充電できます。

スマホ充電器といっても乾電池で充電するタイプは最近のスマホだと、殆ど使い物になりません。
会社でも聞かれましたが、充電タイプでもなるべく容量の多いほうが無難ですし、一回じゃなくて何度も充電できるので便利です。
最近の物は、コンセントで直接繋ぐのではなく、USBで繋ぐものが非常に多いです。

私が決めた理由は、持ち運びがと何度も充電出来ることを優先したので、Anker PowerCore 10000にしました。
決めるときは、サイズと用途によって決めたほうが良いです。

会社の人が使っているcheeroというのも大容量でコンパクトで持ち運びに便利です。これもUSBタイプなので車で使う場合はシガーライターに差すUSB変換ソケットを使うといいです。
大型車で24Vで使いたい場合は、24V対応か確認しましょう!

今では大事な所持品の一つです!

 

コメントを残す

このページの先頭へ