「HDMI 2.0」から「HDMI 2.1」になると一体何が変わるのか?

hdmi 2.1規格は今までののhdmi 2.0が18Gpsだった帯域幅を48Gpsと約2.6倍に向上。
リフレッシュレートが60Hzの8K(7680×4320)出力や、120Hzの4K(4096×2160)出力が可能.
次世代の8K/4K放送や4K画質でのVRコンテンツ再生などや、
より高画質の映像出力が可能。HDMI 2.1は、規格上は最大10K出力まで対応する予定だそうです。
HDMIは、次世代の本命なので今後が気になりますね。

端子自体は今までのコードでも使えます。

hdmi2.1の実用化じたいは、2017年後半から2018年で2018年に市場に登場すると予想されています。

現在はhdmi 2.1chのスピーカーが人気ですね。

ケーブル一本で、映像と音声が繋げるのは配線がシンプルでとても気に入ってます。

ランキングに参加しました。励みになるのでポチッとよろしくお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

コメントを残す

このページの先頭へ