iPhone用のLightning-SDカードカメラリーダーがiOS12で読み込めない問題解決

iPhone用のLightning-SDカードカメラリーダーがiOS12で見込めない問題解決する方法を検索!

iPhone7plusからiPhone XS MAXに変えて久しぶりにiPhone用の64Gメモリーを使ってみたのですが、全然認識してくれません(゚_゚i)タラー・・・
そこで、手元にあったLightning-SDカードカメラリーダーをつないでそこにUSBでつないでみるもファイルが出てこなくて色々調べると、価格ドットコムで情報を発見!

現在は在庫切れのようです。

新しく注文したのはこちらの商品です。

iPhone XS MAXは128Gなので必要ないと言えば必要ないのですが(^^;;

ドローンの生データーをLightning-SDカードカメラリーダーでiPhone XS MAXにバックアップしてフラッシュドライブにもバックアップしようと思い購入。

iPhoneやiPadでSDカード(microSD)を使用する方法はいくつかありますが、別途専用アプリを使わない本製品の様なカードリーダーの場合、iOSを更新すると以前は読み込めていた写真や動画データが認識しなくなるケースが結構あります。

2018年11月現在、最新のiOS12.1でも下記の方法で認識することができました。

1)まず、SDカード(microSD)中に【DCIM】という名前のフォルダを新規作成し
そのフォルダの中に【100MEDIA】という名前のフォルダを作成してください。

2)【100MEDIA】フォルダの中に画像データなどを保存しますが、保存の際
必ずそれぞれのデータのファイル名を以下のルールでつけてください。

(例)AAAA0123.jpg
<8桁の英数字><拡張子>

上記の方法は新型iPad Proで採用したUSB Type-CのSDカードリーダーでも同じであることを確認していますのでご参考まで。

出典:価格ドットコムの情報です

この方法でファイルを見ることが出来ました。

ランキングに参加しております。よろしければ励みになるのでポチッとお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ

コメントを残す

このページの先頭へ