「ながら運転」一発免停

2019年12月1日から罰則強化が始まります。
ながら運転をしながらの事故は非常に危険です。

携帯電話やスマホを運転中に使用した違反いわゆる「ながら運転」の事故は一発免停

改正前は「5万円以下の罰金」が、改正後は「6か月以下の懲役、または10万円以下の罰金」と懲役刑になります。
さらに違反点数は、「1点」から「3点」にアップ
反則金に関しては普通車の場合6000円から1万8000円に引き上げ(各車種ごとに約3倍に引き上げられます)

携帯電話やスマホの「ながら運転」が、交通事故などの危険に結びついた場合
改正前は「3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金」が改正後は「1年以下の懲役、または30万円以下の罰金」に
なり違反点数は、「2点」から「6点」に引き上げられ一発免停になます。

これはあくまで自動車だけですが、私が思ういに「ながら自転車」や「ながら歩行」も非常に危険ですよね。
特に「ながら自転車」は事故が思ったより多いと思うので取り締まり対象にしてほしいです。

あと「ながら運転」の取締も目視のみなのでもっと確実な方法が求められると思います。

実際の事故で加害者がスマホでLINE漫画を読みながら高速道路を走行し、前を走っていたバイクに気づかず、追突、轢過して被害者を死亡させたというケースがありました。
とても恐ろしいですよね。

気になるのが「赤信号で止まっているときは触ってもいいのか」、「グーグルマップを目の前に置いて運転したりするが、それはダメなのか」といった疑問
カーナビは基本的に見ても大丈夫だが、一般的な法解釈では運転中にカーナビを2秒以上続けて見てしまうとアウト

スマホをナビ代わりにしている人も多いと思うが、例えば置いてあるスマホでも2秒以上続けて見ると違反になる可能性がある

携帯電話の運転中スマホを使うのは駄目、赤信号で停車中の場合はセーフ。

身に覚えのある人は直ちに考えを改めましょう。

ランキングに参加しております。よろしければ励みになるのでポチッとお願い致します。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ